黄色のカプセルとすり鉢

ロエッテは低用量ピルの一つですが、特に生理痛を緩和したり妊娠を阻止する効果があります。緊急避妊薬に含まれているレボノルゲストレルの成分が含まれているので、使い方によってはアフターピルとして利用できます。避妊に失敗した性行為があった場合は、24時間以内にロエッテを服用すれば、妊娠する可能性を95%阻止することが可能です。さらに服用時間が遅くなってしまっても72時間以内の服用であれば、75%の確率で阻止することができます。レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが主成分になっているので、着床や受精の可能性をなくすことで避妊効果を得ることが可能です。

避妊効果を目的とする低用量ピルと比べると、副作用が特に少なく安全性の高い薬で若い女性を中心に人気があります。特に緊急で妊娠を回避したい時は、性行為があった72時間以内に1錠を服用します。その後12時間後に1錠を服用するので、2回目は飲み忘れに注意する必要があります。服用してから3日?3週間以内に消退出血があると、避妊が成立したことになります。しかし3週間を過ぎても出血がない時は、妊娠している可能性があるので専門医の診断を受ける必要があります。

また通常の目的でロエッテを使用する時は、生理の初日を1日目と考え、1日1錠を毎日服用していきます。服用時間は特に決まっていないですが、できる限り同じタイミングで飲むことでホルモン量が体内で安定しますし、飲み忘れなどを防ぐことができます。21日間錠剤を服用し7日間は服用を休む、休薬期間として取り扱っていきます。一般的にこの休薬期間に消退出血が起こるので、29日目は次のシートを開始します。低用量ピルの中で避妊効果が高いピルとして知られていますが、副作用はむくみや発疹・肝機能障害などがあります。

またこれらの副作用はホルモンが体内で安定していないため起こるので、2?3週間継続して服用することでホルモンが安定しこれらの症状が見られなくなります。しかし人によってはさらに副作用が続くケースもあるので、ロエッテ以外の低用量ピルに変更することもできます。ロエッテは低用量ピルの中でもさらに有効成分含有量が少ない、超低用量ピルになっています。有効成分でもあるレボノルゲストレルは0.10mg含有していますが、エチニルエストラジオールは0.02mgとさらに少量になっています。これによりロエッテは低用量ピルの中でも、特に副作用が少ないと言われていますが、飲み忘れに弱い点があります。